凸版印刷、経済産業省『「未来の教室」実証事業』の成果公開

凸版印刷、経済産業省『「未来の教室」実証事業』の成果公開

凸版印刷株式会社ホームページより
凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下 凸版印刷)は、静岡県袋井市(市長:原田 英之、以下 袋井市)と共同で、2019年度『経済産業省「未来の教室」実証事業』に2年連続で採択されています。
このたび、同事業のために開発したデジタル・ドリルと連携し動画やチャットボットによる解説などを拡張した新しい学習サービスを活用し、『学びの自立化・個別最適化(教科学習系EdTech(※1)による生産性向上)」に関する実証(以下 本実証)を、2019年10月から12月にかけてモデル校である袋井市立浅羽北小学校にて実施しました。従来、デジタル・ドリルの学習のみだった学習体験から新しい学習サービスを活用したことで、通常の基礎学習に費やす授業時間を最大75%に圧縮し、特に低学力層における習熟度の大幅な向上を確認し有効性が実証されました。
これにより、授業時間圧縮で捻出された時間を活用して教員がSTEAM教育(※2)を実践することができ、児童自らが課題を発見し解決できる創造力豊かな人材の育成を目的とした指導機会の創出に貢献しました。