atama plusと駿台の共催オンライン模試、次年度高1・2年生向けオンライン模試の年6回開催を決定

atama plusサイト記事より
atama plusと駿台の共催オンライン模試、次年度高1・2年生向けオンライン模試の年6回開催を決定

atama plusと駿台の共催オンライン模試、2.8万人が受験
「いつでも、どこでも受けられる」「結果がすぐにわかる」の評価を受けて、
新たに高1・2年生向けオンライン模試の年6回開催を決定

atama plus株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:稲田 大輔、以下「atama plus」)と学校法人駿河台学園(本部:東京都千代田区、理事長:山﨑良子、以下「駿台」)は、7月27日〜8月9日に実施した「駿台atama+共通テスト模試」受験者が約2万8千人となり、オンライン模試として国内最大規模となりましたことをお知らせします。尚、今後のオンライン模試の受験体験をより良いものにすべく受験者を対象に実施したアンケート結果を公開します。

アンケートにて高い満足度となった「いつでも、どこでも受けられる」「結果がすぐにわかる」などのオンライン模試ならではの良さを活かし、「駿台atama+共通テスト模試」は今後も継続して年に3回実施します。さらに、2021年1月より、高1・2年生向けオンライン模試「駿台atama+学力判定テスト」を年に6回実施(隔月開催)することを決定しました。コロナ禍で模試の会場開催が実施しづらくなっている状況をふまえ、「駿台atama+共通テスト模試」、「駿台atama+学力判定テスト」のいずれも2021年度中は全てのオンライン模試を無料で提供します。