山城高と鳥羽高など6校で単位制導入 京都府立高20年度入試

山城高と鳥羽高など6校で単位制導入 京都府立高20年度入試
京都新聞WEB版20190826版より

※現時点で広報資料が教育委員会ホームページにないため後日掲載します

京都府と京都市の両教育委員会は26日、公立高の2020年度入試の募集定員や日程、学科改編を発表した。生徒数の減少などを考慮して総定員は前年度比314人減の1万3015人とした。山城高と鳥羽高など全日制6校で新たに単位制を導入する。
来年3月の府内公立中の卒業見込みは466人減の1万9168人。定員は全日制で324人減の1万1735人、定時制は10人増の720人となった。
定員は、北稜、鳥羽、城陽、南陽、西舞鶴の普通科で各40人減らした。亀岡の普通科(美術・工芸専攻)、南丹の総合学科、須知の食品科学科も各10人減らす。園部は京都国際科(30人)を廃止する一方、普通科を20人増やす。農芸は農産バイオと環境緑地の2科を農業生産、園芸技術、環境創造の3科に再編し全体で10人減る。大江も、普通科とビジネス科学科が地域創生科となり10人減る。
久美浜の総合学科は丹後緑風(りょくふう)(網野と久美浜が統合)久美浜学舎のアグリサイエンス科とみらいクリエイト科に再編され、計24人減る。峰山弥栄分校、宮津伊根分校、網野間人分校は募集停止し、3分校(各40人)が統合して新設する昼間定時制の清新は90人を募集する。
単位制は、亀岡、大江、宮津天橋、丹後緑風でも導入する。口丹と丹後の両通学圏は学区を廃止する。
このほか、生徒が記入する願書から性別欄を撤廃する。不要な個人情報は集めないためという。

京都府内の2020年度公立高入試の募集要項は次の通り。
【前期選抜】願書受け付けは各中学による一括受け付けが2月3日、志望先の高校が4、5日(音楽科は1月22、23日)。試験は2月17、18日の2日間(音楽科は2月1、2日)。合格発表は25日。
【中期選抜】全日制、定時制ともに願書受け付けは各中学による一括受け付けが3月2日。第1志望第1順位(定時制は第1志望)の高校での願書受け付けは2月27日、3月2日。試験は6日。合格発表は16日。
【後期選抜】一定の欠員が出た場合に実施を判断する。全日制、定時制とも願書受け付けは志望先の高校のみで3月17、18日。試験は24日。合格発表は26日。