大学入学者選抜における英語試験のあり方をめぐって(2)

2019年2月10日(日)に開催されましたシンポジウムの
講演資料がダウンロードできます。

大学入学者選抜における英語試験のあり方をめぐって(2)
《講演資料を掲載》サイト

申込者多数により即日受付終了し,後日同時映像配信の会場も準備されましたが
これも即座に定員に達しました。その関係で私も参加できていませんが,東京大学では
東京大学高大接続研究開発センターを中心として細かい分析・検討が続けられており
その提供される資料には学ぶことが多々あります。ぜひご覧ください。

シンポジウムの趣旨

2024 年度以降の存続の是非が検討されているセンター試験「英語」について、作成・実施体制からテストとしての性能、高等学校におけるテスト対策の実態まで、振り返ります。また、間近に迫った民間試験導入の課題や、高等学校による英語運用能力の評価についても吟味します。

開催概要
名称・テーマ
東京大学高大接続研究開発センター主催シンポジウム
大学入学者選抜における英語試験のあり方をめぐって(2)
日時
2019年2月10日(日)13:30~17:30
(12:30開場・受付開始)
会場
東京大学本郷キャンパス
伊藤国際学術研究センター・B2 伊藤謝恩ホール【会場建物までの地図】
(東京都文京区本郷7-3-1)