THE世界大学ランキング2020-東大は6ランクアップの36位、京大は65位を維持

THE世界大学ランキング 日本版20190912より

イギリスの高等教育専門誌「THE(Times Higher Education)」は9月12日、16回目となる2020年の「THE世界大学ランキング」を発表、92カ国1300校以上(前回は1250校以上)をランク付けしました。トップは前回と同じオックスフォード大学。日本からは東京大学と京都大学が引き続きトップ100入りし、東京大学は順位を6つ上げて同率36位、京都大学は前年と同じ65位でした。日本のランクイン数は110校で、前年から7校増えました。一方、世界のエリート大学と見なされるトップ200は依然2校のみ。トップ200に入る大学を増やしつつあるアジア各国・地域との差があらためて浮き彫りになりました。
「THE世界大学ランキング2020」のトップ10の顔ぶれは前年と変わらず、アメリカ7校、イギリス3校となりました。オックスフォード大学のトップは4年連続で、2位は前年の5位から躍進したカリフォルニア工科大学。ケンブリッジ大学(3位)、スタンフォード大学(4位)、マサチューセッツ工科大学(5位)はそれぞれ前年から1つずつ順位を落としました。

日本はランクイン数が増える一方で、ランキング上位での存在感をなかなか強化できないという問題があります。ランクイン数ではイギリスを上回ったものの、トップ200に入った大学の数は日本の2校に対し、イギリスは28校。中国(7校)、韓国(6校)、香港(5校)にも差をつけられています。日本の大学の多くは産業界からの収入(知の移転)や被引用論文(研究影響力)のスコアが高い一方、国際性が低く、それがランキング上位に食い込めない要因になっています。
THE チーフ・ナレッジ・オフィサーの フィル・ベイティ氏 は、日本はトップ200の大学を増やすなど、他のアジア諸国・地域と互角の実績を上げるために「優れた研究者や留学生を引きつけたり、他国の研究者との協力を進めたりして国際性のスコアを向上させるべきだ」とコメント。その実現には本格的な投資と将来計画が必要だと指摘しました。