2019年「全国社長の出身大学」調査

案内文より 2019年「全国社長の出身大学」調査
本調査は、東京商工リサーチの企業データベース約379万社の代表者データ(個人企業を含む)から、公開された出身大学を抽出、集計した。同一人物が複数の企業で社長を務める場合、売上高の条件で1社に絞り込み、社長を兼務する重複企業を集計対象外とした。集計対象外企業は26万3,690社。
※出身大学が名称変更、統合している場合、現在の存続している大学名で集計した。本調査は2010年から9回目。

019年の全国社長の出身大学は、今年創立130周年を迎え、約118万人の卒業生を輩出する日本大学が調査開始から9年連続でトップを維持した。
都道府県別(企業所在地)では、東日本は21都道県中、17都県で日本大学が首位に立ったが、西日本は地元や域内の大学が上位を占めた。東日本の「中央」志向に対して、西日本の「地元」優先が浮き彫りになった格好だ。
社長数が上位100大学出身の企業の業績は、増収や増益など好業績は東京大、京都大、大阪大など旧帝大を中心に、国立大学が上位を占めた。また、私立大学では金沢工大、千葉工大、大阪工大など、理工系大学が健闘している。出身社長数と企業の業績とは相関関係にないようだ。